神奈川県横浜市にある手焼き煎餅(せんべい)の老舗

 
 
 

トップページ

製品紹介

手焼きせんべい(煎餅)

しょう油/ごま/磯の香り/コブ/ざらめ/甘辛/錦/七味/青のり

茶の友(あられ)

醤油味/塩味/白醤油味/揚げ物/甘口/辛口/その他

贈答用 詰合せ

手焼きせんべい/あられ/手焼きせんべい&あられミックス/化粧缶入り/包装

 

手焼せんべいができるまで

 

会社概要

ごあいさつ

地図・アクセス

店長ブログ
ネットショップへGO!
 

川美せんべい本舗

〒221-0802
横浜市神奈川区六角橋2-3-3
電話045-491-1071
FAX045-491-1478

営業時間:午前10時~午後4時
定休日:日曜・月曜・祝日

 
 

ご来店されるお客様の主な地域:
[神奈川県] 横浜市/神奈川区、西区、中区、港北区、都筑区、青葉区、旭区、緑区、瀬谷区、泉区、戸塚区、港南区 相模原市、大和市、厚木市、海老名市、茅ケ崎市、平塚市、座間市、伊勢原市、愛川町 [東京都] 町田市、八王子市

 

東急東横線なら、アクセス楽々!:
渋谷駅・代官山駅・中目黒駅・祐天寺駅・学芸大学駅・都立大学駅・自由が丘駅・田園調布駅・多摩川駅・新丸子駅・武蔵小杉駅・元住吉駅・日吉駅・綱島駅・大倉山駅・菊名駅・妙蓮寺駅・白楽駅・東白楽駅・反町駅・横浜

 
 
川美の手焼きせんべい
 

お知らせ


お客様各位
  

毎度ご利用頂き誠にありがとうございます。
この春より、原料、仕入品、包材等がかなりの値上げになっております。
当店としては商品自体の値上げはせずに頑張りたいと思います。
しかしながら、包装、段ボール、乾燥薬などを有料にさせて頂くと共に、お客様にご好評いただいておりましたおまけのサービスが出来なくなりました。
苦渋の決断です。何とぞご理解ご了承のほどお願い致します。

2022年 4月   川美せんべい本舗

創業以来、美味しいせんべい、あられ作りのため手焼き、手作りを守り続けてきました。しかし焼き仕事が出来るのは私一人です。後継者もなく、体力の衰えや人手不足もあり、定休日、営業時間を下記のようにさせて頂きました。お客様には大変ご不便をおかけしますが、美味しい品物作りのため、また一日でも長く続けられるよう何卒ご協力よろしくお願い致します。  店主

定休日 :
日曜、月曜、祝日

営業時間:
10時~午後4時





なくなり次第終了です。


2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

が定休日です。

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

が定休日です。

路地の奥

当店はバス通りからは工場にしか見えませんが、建物沿いに回り込むと路地の奥に小さな店舗があります。
駐車場も2台分ありますが、前の道路が渋滞すると出入りが大変でお客様にはご迷惑をおかけして申し訳なく思っています。ご来店の際は一同笑顔でお迎えしたいと思っております。店前にベンチもありますのでごゆっくりおくつろぎください。

包装されていてもしけます。


創業当時、おせんべいは、地球瓶というガラスの丸いケースに入れて販売していました。今でも浅草あたりで、見かけます。そこから取り出すと夏などはあっという間にしけてしまいます。そこで、私の母が、それを1枚1枚ビニール包装することを提案しその当時、どこもやっていなかったおせんべいの1枚入り包装が誕生しました。今では、おせんべいに限らず、お菓子の個別包装はあたり前になりました。その上、大手菓子メーカーは完全密閉の袋に小さな乾燥薬と脱酸素剤まで入れるようになりました。当店のような小さな店ではコスト的にとうてい無理です。シール部分から湿気が入り乾燥した冬以外は保存状態が悪ければ賞味期限内にしけてしまいます。 缶などに入れ、冷暗所(冷蔵庫不可)に保存されることをお勧め致します。

 

製品紹介

手焼き   あられ   贈答用詰合せ
手焼きせんべい
 
茶の友(あられ)
 
贈答用 詰合せ
 

店舗ご案内

  店舗は路地の奥です 探してみてね!
   
 

川美せんべい本舗

〒221-0802 横浜市神奈川区六角橋2-3-3 電話045-491-1071 FAX045-491-1478 e-mail:kawami-39@kawamisenbei.jp